ドラッグストアでのお仕事

年々成長を続けるドラッグストア業界。

第一類の販売に始まり、近年では調剤併設店のみならず、調剤単独店の出店や、コンビニエンスストアと連携した出店なども相次ぎ、薬剤師の需要も非常に高まっている業態です。

調剤薬局、病院と比較するとサービス業の色合いが濃い業態ですので、営業時間は長いですし、年間休日も少なめのところが多いのもまた事実です。

ただ、そういった理由による離職を防ぐために、正社員の中でも給与規定を変えることで雇用形態を分けたり、また女性社員の職場復帰を推進するために福利厚生を充実させたり、色々な試みをしている会社も多くあり、昔に比べると格段に働きやすくなってきたと言えると思います。

事実、女性社員の産育休後の復帰率は、以前よりも上がってきています。

新卒の初任給が最も高い水準なのもこの業界で、上場している大手企業も多い分、キャリアアップ、年収アップの道も多岐にわたります。

現場を経たあと、採用、教育、店舗開発、商品開発、バイヤーなどなど大手ドラッグストアならではの部門もあり、その道のエキスパートになることも可能です。

ただし、基本はまず現場を経てからとなりますので、いきなりバイヤーになりたいと言っても難しい場合が多いです。

しかし、稀に部署を限定した求人をかける場合もありますので、この際原則は経験者採用とはなりますが可能性はありますので、薬剤師資格を生かしつつ、様々なことをやってみたいという方にはお勧めの業態です。

主な業務内容

調剤単独店とOTC店ではどのように仕事の内容が違うのかご説明いたします

調剤単独店⇒処方箋受付、調剤、服薬指導、薬歴管理、等
OTC店⇒第一類医薬品の説明、販売、OTCやサプリメント・健康食品・その他商品の販売
調剤併設店⇒上記両方

調剤単独店の場合は調剤薬局と業務内容は基本的に変わりありません。

ただ、ドラッグストアが主流なので、他の調剤専門店に比べるとOTC薬を多めに置いている薬局も多くあります。

OTC店の場合は、主にはOTCの販売、商品の品出し、陳列、POP作成、レジ打ちなどです。

会社によっては、主力商品を売り出すためのキャンペーンを行うこともあり、その際には店舗のスタッフ一丸となって、商品が売れるよう創意工夫をします。 併設店の場合は基本は調剤室で勤務をし、一類医薬品の購入があった際などにはその説明をしに伺います。

併設店の中には、処方箋の枚数によっては薬剤師の配置を少なめにしているところもあり、その場合は入力から会計まで、一人の薬剤師が行う場合もあります。

一通りの現場勤務を終えると、その後も現場で専門性を高めていくか、また店舗開発や人材教育など異なった分野に進むなど、キャリアチェンジをすることも可能です。

ドラッグストアで働く実状

仕事の内容は商品の販売やレジ打ちのみならず、品出しや陳列などもあるためそれなりの体力が必要です。

また、夜遅くまで営業をしていたり、年中無休で営業している店舗もありますので、決まった曜日にお休みが欲しい、早めに帰宅をしたいという希望が強い方ですとミスマッチが起こる可能性があります。

ただ、最近では残業時間の短縮、有休消化率のアップなど、就業環境の改善に取り組んでいる会社が多く見受けられるようになっているため、以前に比べると格段に働きやすくなったと思われます。

また、調剤、OTC、併設店と一つの会社でいくつかの種類があるため、全てを回って自分の適性を判断することもできます。

店舗には薬剤師以外にも、登録販売者や管理栄養士、美容部員など様々な職種の方が働いているので、色々な刺激もあり、活気のある職場が多いです。

年収相場

勤務薬剤師:年収400万~580万円 / 管理薬剤師・店長:年収480万~750万円 / マネージャー等役職者:750万~1,000万円以上

新卒、未経験の給与相場が最も高いのがこのドラッグストア業界です。

役職に就かなくとも、業界での経験があればスタート時にそれなりの年収を提示いただける場合もあります。 調剤に配属か、OTCに配属か、また勤務エリアによって手当ての額が変わることもありますので、最終的な細かな金額は、内定後でないとわからないこともあります。

ドラッグストア業界は中小規模以上の企業が多いため、階級や役職が多いところもあり、頑張り次第で昇進、昇給のチャンスは多いと言えます。

マネージャーや部長職などの役職に就くと、年収1,000万以上も夢ではありませんし、もちろん女性であってもこれらのキャリアを構築していくことは可能です。

ただ会社によってはある一定の年齢を迎えると雇用形態を契約社員に切り替えるところなどもあるので注意が必要です。

メリット・デメリット

メリット
  • 調剤とOTCの両方に携わることができ、また近年では在宅に注力している会社も多いため、一つの会社にいながら色々な経験を積むことができる。
  • 上場企業が多く、充実した研修制度や福利厚生、多彩なキャリアパスが用意されている。
  • 借り上げ社宅制度などが整っている会社も多く、地方から転居を伴って転職をする場合も、急な転勤にも対応が可能。
  • 新卒、未経験でも比較的給与が高い。
  • 最近では大手ドラッグストアチェーンや地方中堅ドラッグストアチェーンが業務・資本提携を行ったり、M&Aによる合併や子会社化が行われ、大きなグループ化が進んでいるが、業績が伸びている会社が多く、将来への不安が少ない。
デメリット
  • 医薬品以外の日用品の販売や、品出し、商品陳列などにも携わる。
  • 深夜営業や、年中無休の店舗もあり、決まった時刻に帰宅し、決まった曜日に休みを取るのは難しい。
  • 新店オープンも相次ぐので、異動も頻繁に起こり得る

現状(働く環境など)

調剤単独店、併設店の出店も相次ぐ中、求人間口はかなり広がってきています。

特に地方では大手ドラッグストアチェーンによる、個人・中小ドラッグストアのM&Aが進んでいるため、慢性的な人手不足が発生しており、高額年収で短期の契約社員の求人なども多く見受けられます。

これらの契約社員の場合は、厳しい年齢制限などを設けていない場合もありますので、年齢的にエントリーができるかどうか不安な方も、まずはご相談ください。

また調剤、OTCと両方に携わることができるため、両方をやってみる中で自分の適性により、専門性を深めていくことができるので、方向性で悩んでいる方、まずは色々やってみたいという方にはよろしいかと思います。 最近では在宅に注力している会社も見受けられ、病院さながらの設備をもつ店舗もあります。

トイレットペーパーから輸液まで、トータル的に地域の患者様のサポートができる環境が整っているのもドラッグストアの特徴です。

向き・不向きについて

向いている方
  • 医薬品以外の化粧品、健康食品などにも幅広い興味がある方
  • とにかく人とお話をするのが好きで、接客が好きな方
  • 新商品の情報をいち早く知りたい&試したい方
  • 高めの給与が欲しいという方
向かない方
  • 時間、休日などある程度決まったスケジュールで動きたい方
  • 医薬品以外の事に興味がない方
  • 賑やかなところが苦手、接客が苦手という方

キャリアアドバイザーからアドバイス

ドラッグストアには薬剤師以外にも、登録販売者、管理栄養士、美容部員、他にも一般の社員の方が多く働いているので、薬剤師以外の人とも一緒に働きたいという方には良い刺激になる職場です。

また、現場を経た後に、店舗開発、教育、新商品の開発、バイヤーなど、様々なキャリアを選択できるのはドラッグストアの魅力の一つ。 日ごろ患者様と接する中で浮かんだ『こんな商品あったらいいな』を実現できることもあります。

クリエイティブなことが好きな方、とにかくいろいろなことにチャレンジしてみたい方にお勧めの職場です。

ドラッグストアで勤めたいけれど、全国転勤はちょっと・・・という方は、地域を絞ってドミナントで展開している会社などもあります。 また、基本的に大きな転勤、異動については、まずはご本人と相談の上となりますので、ご家族をお持ちの方でも安心です。

薬剤師キャリアアドバイザー メンバー紹介

フロンティア薬局 フローチャートにチャレンジ!あなたはどのタイプ? メディカル・プラネットのお得なポイントM-POINT 医療系総合転職情報サイト メディプラ 転職を有利に運ぶために。薬剤師の専門性を活かす資格取得の“ススメ”