病院・クリニックでのお仕事

全国の病院、クリニック数は、病院が約8500件、クリニックが100,000件あり、調剤薬局の54,000件に比べると、約2倍の施設数があることになりますが、薬剤師を常駐させているクリニックは非常に少なく、常駐させていたとしても人数も少ないため、実態としては約8500件の病院が求人先としては有力です。

臨床の最前線である病院は新卒人気が高く、調剤チェーンからは内定を出していた学生に、病院への就職が決まったために辞退をされたと嘆く声がよく聞こえてきます。

これまで病院というと新卒採用がメインで、中途で病院に転職をするのは厳しいという見方が多かったのですが、ここ数年は病院でも中途採用を行う先も増え、中途の方にもチャンスが巡ってくるようになりました。

しかし、前述のとおり、求人の母数が調剤薬局に比較すると格段に少なくなるので、そのハードルは必然的に上がります。

年齢、経験、これまでの転職回数等々、書類選考の段階で見られるポイントも多いですし、調剤薬局の選考で不採用になったことがない方でも、病院では書類選考を通過できないということも多々あります。

また、病院によってやっていることも全く違うので、面接の前にはきちんと面接対策を行ったうえで臨むことが必要です。

主な業務内容

現在は医薬分業が進み、外来患者の処方箋は、院外の調剤薬局にて対応する病院を増えて来ています

業務内容はその病院により異なりますのが、一般的なところでは次のような業務が挙げられます。

【主な業務内容】
調剤業務、製剤業務、注射調剤業務、注射薬混合調製業務、外来化学療法室、救命救急業務、医薬品情報業務、治験業務、チーム医療、病棟薬剤業務、疑義照会とプレアボイド、薬剤師外来、等

調剤業務に関しては、調剤薬局と同様、医師の書いた処方箋に基づき、お薬を調剤します。その際、外来の患者様にお渡しする薬を調剤する外来調剤と、入院患者様にお渡しする薬を調剤する入院調剤があります。

病院の特徴的な業務としては、以下が挙げられます。

≪院内製剤≫
薬剤師により病院内で調製され、その病院内で使用される製剤のことです。薬物治療において、市販されているお薬では効果が得られない場合、市販されている剤形(薬の形)そのままでは治療に使用できない場合など、薬物治療上のニーズに応じて、個々の患者さんに合わせてお薬(院内製剤)を調製しています。
≪注射調剤≫
注射薬は、一般に効果が強く血管内に直接投与されるので使い方には特に注意が必要です。また、急性期に使用されるので、病状に応じて処方内容が細かく変化します。そのため、薬剤師が処方せんを基に入院患者さん一人一人が使用する注射薬を1回分ずつ調剤します。 この他にも、注射薬混合調製業務(いわゆる混注業務)や、他の医療職種と連携して患者さんにとって最も効果的な治療法や方針を検討するチーム医療なども、病院ならではの業務と言えます。

病院・クリニックで働く実状

病院は大きく急性期、慢性期と分けることができますが、業務の内容、就業条件、忙しさなどは、その種別によって異なります。

急性期病院であれば、日当直が発生することもありますし、大きな病院になると残業時間が月に数十時間というところもあります。

ただ中には院内保育所が完備されており、薬剤師も子供をそこに預けることができるところもあるので、それは病院ならではの福利厚生と言えます。

お迎えの時間などを気にしなくて良いので、そういった意味では安心です。

一方で病状が安定している慢性期病院は、日当直がないところも多く、また残業も少ない傾向にあります。

ただ、急性期病院が取り扱う薬の種類が多かったり、また新薬の採用にも積極的であるのに対し、慢性期病院では種類も少なく、また新薬についてもあまり積極的には取り入れないという先も多いので、病院で働きたいと一言で言っても、どんな病院で何をしたいのか、どういうスタイルで働きたいのかが明確でないと、入職後にミスマッチが起こる可能性は高いでしょう。

年収相場年収300万円~600万円

調剤薬局、ドラッグストアなどと比較すると、新卒未経験はかなり低めからのスタートになります。

年齢、経験に応じた給与テーブルが用意されているところが多いため、毎年の定時昇給はあるところが多いです。

但し、年次によって業務内容に大きな変化があるわけではないので、昇給率は緩やかといえます。

小さな病院の場合は調剤薬局と同じく、薬局長以外のポジションがないところが多いため、役職に就かない限りは大幅な年収のアップは期待ができません。

大きな病院は薬局長以外にも副薬局長や主任など、様々なポジションが用意されている場合もあるので、年収アップのチャンスはまだあると言えます。

稀に地方の病院で一人薬剤師の場合に高額で求人依頼が入ることもありますが、基本的には稀なことですので、年収を重視した方は病院への転職はあまりお勧めできません。

メリット・デメリット

メリット
  • 患者様の病態を経過毎に観察できるなど、臨床現場の第一線でしか積めない高度で専門性の高い貴重な経験が積める。
  • 専門病院であれば、認定薬剤師、専門薬剤師の資格が取得しやすい。(※現在専門薬剤師は、がん、感染制御、精神科、妊婦・授乳婦、HIV感染症の5つ)
  • 慢性期病院は在院日数が比較的長いので、入院患者様と密な関係が築け、経過を見守れる。
  • 慢性期病院派残業が少なく、就業時間が比較的早く、日当直がないところが多い。
デメリット
  • そもそも求人件数が圧倒的に少なく、中途で総合病院、大学病院への転職は難しい。
  • 給与相場が他の業態と比較し、低い傾向にある。
  • 急性期病院は、日当直がある。
  • 入職後はまず調剤から・・・一つ一つのステップを踏んでいくため、直ぐに自分の希望する業務に携われるわけではない。
  • 専門病院では専門性が高められる一方で、それ以外の分野に携わることができない。
  • 慢性期病院では、処方、服薬指導の内容も限られてしまうため、スキルの向上では物足りなさがある。

現状(働く環境など)

総合病院、大学病院における中途の採用数は大変少なく、あったとしても契約社員や非常勤など、有期雇用であることがほとんどです。 従って、中途の転職先としては、中小規模の病院が最も多いと言えます。

ただ、調剤薬局やドラッグストアと比較し、採用のハードルが高いため、内定率は他の業態よりも下がります。 年齢、経験年数、転職回数、志望動機など、厳しく見られます。

また給与について、評価方法は各病院によって異なりますが、仮に調剤薬局での就業経験があったとしても、経験年数に加味しないとする病院も多いため、高額での転職は難しいかもしれません。

薬剤管理指導の算定の関係で、病院における薬剤師の中途採用間口は若干広がりましたが、それもこの春で一旦収束する見込みです。

向き・不向きについて

向いている方
  • とにかく臨床の最前線に携わりたい、病院薬剤師としてのキャリアを築きたいという方
  • 薬剤師のみならず、他の医療職種とも連携した仕事をしたいという方
  • 修行期間が長くても耐えられる方
向かない方
  • 仕事内容<年収 の方
  • 休みがたくさんほしいという方
  • 同じことを毎日じっと出来ない方

キャリアアドバイザーからアドバイス

漠然と『病院で働きたい』と言っても、どんな病院でどんなことをしたいのか、それによって就職先はまったく変わります。

最新の医療技術の携わりたい、様々な新薬を見てみたい、他の医療職種と連携したチーム医療を患者様に提供したい、という方であれば急性期病院がお勧めですし、比較的ゆったりとした環境で、患者様の経過を見守りながら、退院までのお世話をしたい、病院で働きたいけれど、家庭の事情で日当直は厳しいという方であれば、慢性期の病院がお勧めです。

また、何かの専門性(がん、感染制御、精神科、妊婦・授乳婦、HIV感染症)を極めたいという方であれば、専門病院がお勧めです。

このように働くスタイル、目指すキャリアによって、志望する病院も変わりますので、その辺りをよく検討した上で転職する必要があります。 また、その際には面接対策をしっかり行ったうえで選考に臨むことも大切です。

薬剤師キャリアアドバイザー メンバー紹介

フロンティア薬局 フローチャートにチャレンジ!あなたはどのタイプ? メディカル・プラネットのお得なポイントM-POINT 医療系総合転職情報サイト メディプラ 転職を有利に運ぶために。薬剤師の専門性を活かす資格取得の“ススメ”