その他(漢方など) でのお仕事

薬剤師の就職先として、調剤薬局、ドラッグストア、病院・クリニック、企業以外のものになると、漢方薬局などが挙げられます。

処方箋を元に漢方薬を調剤する薬局は、調剤薬局に分類されるので、ここでいう漢方薬局とは、保険適用外の、漢方の相談販売のお店とお考えください。 店舗数自体も少なく、また原則は保険適用外の高価な漢方薬を販売するので、調剤薬局のように待っていれば患者様がどんどん流れてくるという性質のものではないため、求人も非常に少ないです。 少数精鋭で営業しているお店が多いため、原則は経験者採用となり、未経験の方のハードルはまたぐっと上がります。

調剤薬局は、ドクターが書いた処方箋に基づきお薬を調剤しますが、相談販売の場合は、薬剤師自らが患者様を診断し、適切な薬を調剤しなければなりません。 そのためには、経験も知識も必須になるので、なんとなく漢方をやってみたい・・・という方ですと続けるのは厳しいものになります。 サービス業の色合いが濃いため、日祝や、遅くまで開局している店舗が多いのも特徴で、年収についても、他の薬剤師資格を生かしたお仕事に比べると確実に下がるため、条件面を重視される方よりは、本気で漢方を勉強したい、極めたいという方にお勧めです。

その他(漢方薬局など)の主な業務内容

いらっしゃった患者様のお話をよく伺い、症状を診断し、漢方薬をお出しします。

病院のように血液検査やCT、尿検査などで悪いところを見つけるわけではないので、患者様の状態をよく観察し、話を聞いた上で、適切なお薬を出すことが大切です。

漢方には刻み、煎じ、エキス剤とあり、刻み、煎じは文字通り生薬を刻んだり煎じたり、薬剤師自らが調合してお出しします。

エキス剤は漢方の製薬メーカーから出ているパッケージにされたお薬です。

漢方をご希望される方の中には、デリケートな悩みをお持ちの患者様も多いので、そういったデリケートな質問に対して患者様がリラックスして答えられる雰囲気作りや、不安感や、嫌悪感を抱かせない質問の仕方など、知識以外のコミュニケーション能力も重要です。

その他(漢方薬局など)で働く実状

調剤薬局で医師の処方箋通りにお薬を出すことに疑問を抱く方は、自らが診断し、自らの知識に基づいて患者様にお薬をお出しできることに、非常にやりがいを感じられることと思います。

ただ多くの患者様が漢方薬だけを服用しているとは限りません。

当然OTCや、一般の西洋薬を併用している方も多く、それらの効能や副作用も把握した上で、適切な漢方薬をお出ししないと、重篤な事態に陥らないとも限りません。 その点、とても責任も重く、毎日が勉強です。

また年中無休、夜も遅くまで営業している店舗が多いため、プライベートを優先させたいという方だと長く働くことは難しいかもしれません。

年収相場250万円~360万円

メリット・デメリット

メリット
  • 自らの指導で患者様を回復に向かわせることができる。
  • 西洋薬、漢方薬、幅広い種類の薬の知識を得ることができる。
デメリット
  • 収入が安定しづらいため、給与水準が低く、昇給率も期待ができない。
  • 限られた一部の患者様のお相手しかできない。

現状(働く環境など)

求人件数としては本当にわずかで、また求める人材のハードルも高いです。 どうしても漢方薬局で仕事がしたい、という方は、生活にゆとりのある方であれば求人が出るのを待つ間に通信教育で勉強をすることもできますが、そうでない方は派遣で就業をして生活費を得ながら、機会を待つという方が多いです。

いずれにせよ、条件面が現在の仕事より優遇されるという可能性は低く、条件面よりも漢方をやりたい、キャリアを築きたいという強い熱意のある方でないと厳しいかと思います。

向き・不向きについて

向いている方
  • とにかく漢方の道を究めたいという方
  • 条件面よりも、とにかく業務内容優先したいという方
  • 修行期間が長くても耐えられる方
  • 相手の微妙な表情や感情の変化に敏感な方
向かない方
  • 仕事内容<年収 の方
  • 飽きっぽい方
  • 人の話を聞くのが苦手な方

キャリアアドバイザーからアドバイス

漢方にご興味をお持ちの薬剤師さんは多数いらっしゃいますが、その実態をお伝えするとエントリーを取り下げられる方が多いです。 その理由は、薬局とはいっても調剤薬局とは全く異なり、ある種物販に該当しますので、営業時間や休日、年収に、調剤薬局の就業条件と大きな開きがあるためと言えます。

それでも漢方薬局で働きたいという方はいらっしゃいますが、求人数が非常に少ないので、なかなか多くの求人をご紹介できないのが実情です。

漢方薬局への就職をお考えの方は、まずはその漢方薬局での業務内容、スタイルを、条件を十分にご理解いただいた上でのエントリーをお勧めいたします。

薬剤師キャリアアドバイザー メンバー紹介

フロンティア薬局 フローチャートにチャレンジ!あなたはどのタイプ? メディカル・プラネットのお得なポイントM-POINT 医療系総合転職情報サイト メディプラ 転職を有利に運ぶために。薬剤師の専門性を活かす資格取得の“ススメ”