英文履歴書の書き方

外資系企業で求められるレジュメと日本の企業に提出する履歴書を同じように考えている人がいますが、実際には大きな違いがあります。 レジュメを日本の履歴書の英語版と思って直訳して書いても本当のアナタを相手にアピールする事はできません。 書類審査をすんなりとパスするレジュメの書き方とはいったいどんな書き方なのでしょうか? レジュメは書き方次第で大きな武器にもマイナスポイントにもなります。レジュメで損をしないために、どうぞ参考にしてみてください。

カバーレターとは?

履歴書を提出する時に必ず必要となるのがカバーレター。日本人にとって聞きなれない言葉ですが、欧米ではレジュメにカバーレターを 添付して送るのが常識となっています。

採用の際、直接カバーレターが合否の判断材料となることは少ないようですが、 最終面接に近づくにつれ人事や直属の上司に読まれるケースが増えてきます。 カバーレターもしっかりと基本を抑えておきましょう。

カバーレターには以下の内容を明記します。

(まずレターヘッドに)自分の住所・氏名・電話番号・Eメールアドレスを記載します。 どのようにして求人企業を知ったのか?

  • 「広告を見て知った」
  • 「人に紹介された」
  • 「HOME PAGEを見て求人内容を知った」
  • 企業の求人内容に対して、いかに自分が適応しているかをアピールする。

資格をアピールする

  • 実務経験をアピールする
  • 企業とアナタの接点があればアピールする
  • かならず「いつ自分に連絡がつくのか」と連絡方法を書いておきましょう。

英文履歴書参考例 (下記PDFファイルご確認ください)

英文履歴書見本
薬剤師キャリアアドバイザー メンバー紹介

フロンティア薬局 フローチャートにチャレンジ!あなたはどのタイプ? メディカル・プラネットのお得なポイントM-POINT 医療系総合転職情報サイト メディプラ 転職を有利に運ぶために。薬剤師の専門性を活かす資格取得の“ススメ”