面接のヒケツ

ポイント1面接する相手を見極めましょう

通常、人事部担当が最初に面接し、その後に各部署の担当者が面接するケ-スが良くあります。それぞれの相手が何を要求するのか、あらかじめ整理して面接にのぞみましょう。

ポイント2相手が「得」を感じるポイントを用意しましょう

いっしょに働いて「楽しい」という印象も大切ですが、採用企業が、「この人はイイヤツだが、採用する理由がないんだよな」なんて思わせたら失敗です。採用して得だ!という印象を与えましょう。

ポイント3説明用資料を用意するのもよいでしょう

履歴書や職務経歴書だけでも自分をアピールことは可能ですが、プラスα、これまでの経験などを形にした具体的な資料等があれば、更に自分を表現することができるでしょう。
「これは私にしかできない!」という強みがある人は、是非、準備をしていきましょう。

ポイント4アグレッシブに

積極性が今必要とされる大きなポイントです。ただ、ウソや整合性の無い話は禁物です。

薬剤師キャリアアドバイザー メンバー紹介

フロンティア薬局 フローチャートにチャレンジ!あなたはどのタイプ? メディカル・プラネットのお得なポイントM-POINT 医療系総合転職情報サイト メディプラ 転職を有利に運ぶために。薬剤師の専門性を活かす資格取得の“ススメ”