職務経歴書の書き方

職務経歴書は、転職という大事な岐路のスタートラインとなるものです。

職務経歴書という同じ媒体を通して、如何に面接までこぎつけられるか、自分自身をアピールするための非常に大切な‘プレゼンテーション資料‘となりますので、書類選考で職務経歴書を見た求人先から【是非、お会いしたい】と思わせるような職務経歴書を作成することが必要です。

ここでは、職務経歴書を作成していただくためのポイントについてご説明いたします。

ポイント1自分自身について考える

まず、「職務経歴書」を作成し始める前に、これまで携わってきた自分の仕事を"掘り起こし"してみましょう。これまでの仕事を通して、どういったことに興味を持ち、何に自分自身の能力を発揮できるのか? また、それに付随してどんな仕事をやっていきたいか等について、過去の業務経験から改めて自分自身を見つめ直す絶好の機会として捉えて考えてみてください。

ポイント2書式

書式はフリーですが、一般的には、ワードやエクセル等でA4サイズのものを作成します。経歴によっても異なりますが、1~3枚程度が目安です。文章が長すぎると見づらくなる場合もありますので、わかりやすく簡潔に表現することが大切です。

ポイント3記載内容

  • これまで携わってきた具体的業務内容
  • 在籍期間
  • 取得資格
  • 表彰歴
  • 研究論文
  • 留学経験・・・etc

記載するべき具体的な業務内容としては、担当客先名や取扱商品の名称はもちろん、実績を数字で表せる場合には数字を記載するなど、これまでのご自身のキャリア、実績を明確に示すことも必要です。また、所属部署名や役職名などは必ず記載しましょう。担当業務によって様々ですが、採用担当者が客観的に判断できるようにわかりやすくポイントを押さえて作成することを心がけてください。その上で、転職志望動機などを踏まえ、転職を前向きに考えている気持ちや姿勢を自己PRとして記載します。

職種別の参考例 (下記PDFファイルご確認ください)

製薬・医療関連企業見本 ファイルサイズ15KB
薬剤師見本 ファイルサイズ87KB
医師見本 ファイルサイズ62KB

※PDF形式を閲覧するにはAdobe Acrobat Reader(R)が必要です。

薬剤師キャリアアドバイザー メンバー紹介

フロンティア薬局 フローチャートにチャレンジ!あなたはどのタイプ? メディカル・プラネットのお得なポイントM-POINT 医療系総合転職情報サイト メディプラ 転職を有利に運ぶために。薬剤師の専門性を活かす資格取得の“ススメ”